『国記』『天皇記』

『国記』『天皇記』

(『「こっき」、もしくは「くにつ-ふみ」』『「てんのうき」、もしくは「すめらみことの-ふみ』)


620年に成立した、日本最古の歴史書。神話時代からの日本の歴史が書かれていたとされているが、詳細は不明。

編纂には聖徳太子蘇我馬子が携わった。


この2冊の歴史書は蘇我氏が保持していたが、645年の乙巳の変蘇我蝦夷が邸宅に火を放って自害した際、大半を焼失。

日本書紀』によるとその後、焼けずに残った『国記』を中大兄皇子が臣下から受け取ったという記述があるが、現存はしていない。