大伴家持

大伴家持

(おおとも-の-やかもち)

718?~785

奈良時代の政治家・歌人。


中央・地方諸官を経て中納言まで昇格したが、当時は藤原氏隆盛の時期であり、それとは反対に没落の一途をたどる大伴一族の維持に苦労した。

785年に死去したが、その後、同年に起こった藤原種継?の暗殺事件に家持も関わっていたとされて、死後でありながら処罰を受けた。


家持は歌人としても功績を残している。

万葉集に収められている家持の歌の数は473で、全歌人中最多。その繊細な歌風は、万葉後期を代表する特色である。

また、編纂にも携わったとされている。

* はてなダイアリーキーワード:大伴家持