年表(700年代)

年表(700年代)

出来事
701 大宝律令?完成、施行
707 元明天皇即位
708 和同開珎発行
710 平城京遷都 ――奈良時代が始まる
興福寺平城京に移建
711 蓄銭叙位令公布
712 古事記』、完成
713 風土記』編さんの詔、公布。『風土記』編さん開始
715 元明天皇(43)退位、元正天皇?(44)即位
716 大官大寺?(大安寺?)、平城京に移建
718 養老律令?、制定 (施行は757)
吉備真備?玄昉、唐から帰国
720 藤原不比等、死亡
長屋王?政権、始動
日本書紀』、完成
723 三世一身の法、公布
724 元正天皇(44)譲位、聖武天皇(45)即位
728 金鐘寺(東大寺の前身)、創建
729 長屋王の変?により、長屋王?自殺
藤原四子政権、始動
730 薬師寺東塔・興福寺五重塔、建立
737 藤原四子天然痘にて相次いで死亡
橘諸兄政権、始動
740 藤原広嗣の乱、勃発
恭仁京?へ遷都
741 国分寺・国分尼寺建立の詔?、公布
742 紫香楽宮?、造営開始
743 墾田永年私財法、公布
大仏造立の詔、公布。紫香楽宮にて造営開始
744 難波宮へ遷都
745 平城京へ還都
中断していた大仏造立を、平城京で一から再開
749 聖武天皇(45)譲位、孝謙天皇(46)即位
藤原仲麻呂政権、徐々に始動
懐風藻』、完成
752 東大寺大仏、開眼供養
753 鑑真?、来日 (754、入京)
756 橘諸兄朝廷から完全辞職。政治の表舞台から姿を消す
聖武崩御東大寺正倉院聖武の遺品が納められる (=正倉院の始まり)
757 養老律令?施行
橘奈良麻呂の変、勃発
758 孝謙天皇(46)譲位、上皇に。淳仁天皇(47)即位
藤原仲麻呂政権、本格始動。仲麻呂、「恵美押勝?」の名を賜る
759 鑑真、唐招提寺?創建
761 道鏡孝謙上皇から寵愛され始める
762 孝謙上皇淳仁天皇を批判。天皇から国政の権限を奪う
764 藤原仲麻呂の乱、勃発
淳仁天皇(47)、廃位称徳天皇(48 / =孝謙上皇)即位
道鏡政権、始動
766 道鏡、「法王」の地位につく
768 春日大社、創建
769 宇佐八幡宮神託事件、発生。皇位を望んだ道鏡がパワーダウン
770 称徳天皇(48)崩御光仁天皇(49)即位
道鏡下野(栃木県)へ追放される
藤原百川政権、始動
780 蝦夷(えみし / 蝦夷(えぞ)に住む人々)対策が始まる
781 光仁天皇(49)譲位、桓武天皇?(50)即位
784 長岡京へ遷都
794 平安京へ遷都 ――平安時代が始まる