石上宅嗣

石上宅嗣

(いそのかみ-の-やかつぐ)

729-781

奈良時代の官人・文人


大伴家持らと共に藤原仲麻呂の排斥を企て、失敗。一旦は失脚するも、後に復官。

称徳天皇の死後、藤原永手藤原百川らと共に光仁天皇を擁立し、その下で重用された。


文人としても優れており、淡海三船と並んで称されていた。特に漢詩が得意で、『経国集』にも歌が収められている。

晩年には、自宅を阿閦寺(あしゅく-じ)という寺に変え、その一角に「芸亭」(うんてい)という書庫を作った。これは日本で最初の図書館と言われている。

* はてなダイアリーキーワード:石上宅嗣