箸墓古墳

箸墓古墳

(はしはか-こふん)


桜井市の纏向遺跡と呼ばれている地域内にある、大型の前方後円墳。

その大きさは全長276mあり、同時期の古墳の最大規模が110mであることを考えると、桁違いの大きさ。


現在は宮内庁が管理しており、埋葬者は孝霊天皇(7)皇女・大物主神(大神神社?の祭神)の妻である、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)とされている。

宮内庁の管理下では「大市墓」と呼ばれているが、一般的には「箸墓古墳」という名称の方が有名か。


近年では卑弥呼?の墓ではないかという説が高まっているが、詳細は今なお不明。


卑弥呼箸墓古墳

箸墓古墳が卑弥呼?の墓だと言われ始めた一番の理由は、墓の大きさにある。

卑弥呼の埋葬地への言及がなされている『魏志倭人伝』では、「卑弥呼の墓の後円部の大きさは百余歩である」と記されている。

「一歩」は約1.4m程と推測されることから、「百余歩」は140m+α。

箸墓古墳の後円部直径の156mと、おおよそ合致するのである。


しかしもともと、箸墓古墳の築造年代は4世紀前半であると認識されていた。

そのため、3世紀前半、もしくは中ごろに没したとされる卑弥呼とは時期的なずれが生じており、「箸墓古墳卑弥呼の墓」という説に否定的な意見も多かった。


ところが1995年以降、「邪馬台国=畿内」説 / 「箸墓古墳卑弥呼の墓」説が再燃。

現在でも決着はついていない。

上記説が再燃した主な理由は以下の3点。

  • 1995年、調査によって出土した土器(布留0式(ふるゼロしき)土器)などから、橿原考古学研究所は箸墓古墳の推定築造年代を「3世紀後半」に訂正発表
  • 1996年、奈良県桜井市教育委員会が、箸墓古墳の近くにある「纏向古墳群」の推定築造年代を「3世紀初頭」と発表。これにより、当時この地に強大な力を持つ何らかの集団があったと予測されるように(→邪馬台国が2世紀後半~3世紀中ごろに存在していたと推定されているため、時期的に邪馬台国と合致する)
  • 1998年、箸墓古墳が台風で被害を受けたことによる復旧作業中、土の中から多くの土器が発見された。これらの土器の中には山陽地方(岡山・広島・山口各県の瀬戸内側)を起源とするものも多数含まれており、畿内と山陽地方との間に何らかの繋がりがあったと考えられる。

とは言うものの、「邪馬台国=畿内」説の決定的な証拠はまだ見つかっていないため、「邪馬台国=九州」説も根強く残っている。


関連ニュース

箸墓古墳築造は240~260年?

2009年5月28日、国立歴史民俗博物館は箸墓古墳の築造時期を「西暦240~260年」とする研究結果を発表した。

この調査は「放射性炭素年代測定」を行い、箸墓古墳から出土した「布留0式土器」に付着した炭化物(穀物など)から年代を特定。

西暦240~260年という時期は、卑弥呼?の死亡時期と合致するため、邪馬台国畿内説にも大きな影響を与えそうだ。


場所

住所: 桜井市箸中

ご近所: 纏向古墳群

大市墓

* はてなダイアリーキーワード:箸墓古墳