芸亭

芸亭

(うんてい)


石上宅嗣が自宅(阿閦寺(あしゅく-じ))の敷地内に作った、私設の書庫。これを一般にも開放したことから、日本における図書館の起こりであり、日本で最初最古の図書館と言われている。

8世紀末ごろまで存続していた。


現・奈良市立一条高等学校の敷地内が、芸亭の所在地と推定されている。

* はてなダイアリーキーワード:芸亭