藤原四子

藤原四子

藤原不比等の4人の息子の総称。

武智麻呂、房前、宇合、麻呂の4人

長男・武智麻呂

(「むちまろ」)

藤原氏四家の一、「南家」の祖。

南家出身の代表的な人物……藤原仲麻呂

武智麻呂、豊成(武智麻呂の子)は右大臣に、仲麻呂(豊成の弟)は太子(=太政大臣)になるなどして、奈良時代の政治の中枢にいた。

しかし仲麻呂が「藤原仲麻呂の乱」を起こして以降、急速に衰退。北家に圧されていった。

次男・房前

(「ふささき」)

藤原氏四家の一、「北家」の祖。

北家出身の代表的な人物……藤原永手、(以下、平安時代の人物)藤原冬嗣?、藤原良房、藤原基経 他

奈良時代は南家の存在感のために影に隠れがちだったが、平安時代に入って藤原冬嗣が嵯峨天皇の信任を得た頃から急成長。その後、平安後期になるまで代々天皇の外戚でいるほどの権力を持ち続け、藤原氏全盛期を作った。

三男・宇合

(「うまかい」)

藤原氏四家の一、「式家」の祖。

式家出身の代表的な人物……藤原広嗣藤原百川、藤原種継?、(平安時代の人物)藤原薬子?がいる。

四男・麻呂

藤原氏四家の一、「京家」の祖。

京家出身の代表的な人物……特になし

四家の中でもっとも不振で、存在感が薄い。

* はてなダイアリーキーワード:藤原四子