阿倍仲麻呂

阿倍仲麻呂

(あべ-の-なかまろ)

698~770

奈良時代に活躍した文人・歌人。


717年、吉備真備?らと共に唐へ留学。李白や王維という、当時の唐を代表する有名文人と交流を持ち、詩文に長じた。


753年に日本へ帰国しようとするも、船が難波して再び唐に戻り、唐の朝廷に仕えた。

その後結局日本に帰ることなく、770年、唐の長安で没した。


仲麻呂の詠んだ歌の中でも特に有名な

天の原ふりさけ見れば春日なる御蓋の山に出でし月かも

は、唐に居ながら故郷の日本を偲んだ歌として知られている。


続日本紀』によると、日本にいた仲麻呂の家族は貧しい生活を送っており、仲麻呂死去の際には葬儀も満足に行えなかったらしい。

* はてなダイアリーキーワード:阿倍仲麻呂