黒塚古墳

黒塚古墳

天理市にある前方後円墳

1997~98年に行われた調査で、全国最多タイ*1となる33面の三角縁神獣鏡が出土し、大きな話題となった。《下線部は奈良検定出題(第1回)》


古墳内はほぼ未発掘の状態だったため、埋葬時に近い状態のままでの発見となり、埋葬方法などの参考にもなる貴重な古墳でもある。

33枚の三角縁神獣鏡は埋葬遺体の上半身を取り囲み、鏡面を内側にして並べられていた。

鏡の製作年代は3世紀半ば~後半と推定されている。その頃は卑弥呼らが活躍した時代で、黒塚古墳の南には大市墓(卑弥呼の墓ではと騒がれている古墳)があることから、邪馬台国はこの付近にあったのではないかと考える学者もいる。


すぐ近くには「天理市黒塚古墳展示館」があり、出土当時の再現や三角縁神獣鏡のレプリカなどを見ることができる。


場所 20:48

住所: 桜井市柳本町

ご近所: 天神山古墳?崇神陵、長岳寺?櫛山古墳

黒塚古墳

*1京都府の椿井大塚山古墳でも同じく33枚の三角縁神獣鏡が見つかっている